税金のことについても把握しておきたい!?不動産売却の豆知識を分かりやすく解説

不動産売却は意外と大きな税金がかかります。
どのような種類のものがどれほどかかるのかをあらかじめシミュレーションし、どれだけの額が手元に残るのかを把握しておく必要があります。
一方で税理士などの専門家に相談するのも敷居が高いため、初心者なりに大まかな基礎知識を把握しておくことをお勧めします。
必要な経費は一般的に「印紙税」「譲渡所得税」「住民税」の3種類であり、この中でも求め方が複雑である「譲渡所得税」について、解説します。

税金のことについても把握しておきたい!?不動産売却の豆知識を分かりやすく解説

譲渡所得税は、不動産売却による利益である所得に課される税金です。
この額を算出するためには、まず所得額がいくらになるかを把握する必要があります。
譲渡所得は、不動産売却額から取得費と売却時にかかった諸費用を差し引いたものになります。
この譲渡所得から特定の条件で税金が軽減される特別控除を差し引くことで課税譲渡所得が算出されます。
この他にも減価償却費なども考慮する必要がありますが、居住用財産であるかどうかで大きく税額は異なりますので注意が必要です。

不動産売却で発生することがある譲渡所得税とは?

不動産売却は譲渡に相当するもので、税金の一つでもある譲渡所得税が発生することになります。
ただし、発生するといっても利益がなければ課税対象になりませんので不動産売却=納税ではないことを覚えておきましょう。
復興特別所得税を含めた所得税および住民税の合算、復興特別所得税は東日本大震災からの復興を目的にして納めるもので、2037年まで税率は所得税の2.1%に定められているのが特徴です。
不動産売却の際には、事業所得や給与所得などそのほかの所得とは切り離して計算を行う分離課税方式で算出します。
なお、譲渡所得税の計算は最初に譲渡所得の金額を求める必要がありますが、不動産売却の価格-(取得費+譲渡費用)の計算式で求めることができます。
この税金は、不動産の所有期間で5年以内なら短期譲渡所得で税率は39.63%、5年を超える場合は長期譲渡所得になり税率は20.315%が適用されますが、両者とも20317年までは所得税に対して2.1%の復興特別所得税が加算されるので注意が必要です。

不動産売却で発生する譲渡所得税の計算方法

不動産売却をすると譲渡所得税と呼ばれる税金を支払わなければいけない場合があります。
計算方法は課税対象額に所定の税率をかけて計算することになります。
課税対象額は当該不動産を譲渡することによって出た利益です。
利益が出たか否かの判断は、売却価格から取得費と売却にかかった費用を合わせた金額を引いて計算をします。
計算結果がマイナスになる場合は利益が無いということになり、課税される対象も存在しないので納税する必要はありません。
差額がプラスの場合は、その差額に税率をかけることになりますが、一律ではないので注意が必要です。
不動産売却の対象物件を所有していた期間が5年以内の場合と、それを超える場合とで税率が変わります。
前者は短期譲渡所得になり税率は39.63%で、後者は長期譲渡所得になって20.315になります。
5年以内か否かを判断する基準は実質的な期間ではなく、不動産売却を行う年の1月1日において、5年が経過しているか否かで判断します。

不動産売却を行った翌年は確定申告が必要?

不動産売却を行えば、翌年には確定申告をする必要がある場合があります。
会社員なら通常行わないという人が多い手続きなので、面倒に感じる人も多いでしょう。
実は不動産売却を行ったとしても、確定申告をする必要が無い場合もあります。
面倒な手続きをしなければいけないという印象を持っている人は、その面倒から解放されることになるので知っておきましょう。
申告が必要になるケースを知って、それに当てはまらない場合は必要が無いと考えると分かり易いです。
申告しなければいけないのは利益が出た場合だけです。
売却価格がそのまま利益になるわけではありません。
売った値段から買った値段を引いて、残った金額から更に売却にかかった経費を引きます。
その残額が課税の対象になるので、残額がある場合のみ申告する必要が出てきます。
大雑把な言い方をすれば、買った値段よりも売った値段の方が安いという場合は、申告の対象にはならないと考えることが出来ます。

不動産売却の譲渡所得は特例として特別控除が受けられるケースもある

不動産売却の際の譲渡所得は、不動産売却価格-(取得費+譲渡費用)の計算式で求めることができうますが、取得費は売却した不動産を取得した際に支払った購入代金などの費用です。
譲渡費用は、不動産売却の際に払った費用になるので相続した不動産を売却したときには取得費はゼロのイメージになるかと思われますが、相続人や受贈者が支払った登記費用や不動産取得税の金額も取得費も含まれるのでゼロになることはありません。
不動産売却の譲渡費用は、特例として売却した物件や売却を行った人が一定条件を満たしている場合に利用できる特別控除が用意されているので、これが適用されることで譲渡所得が軽減となり納税義務がなくなるケースも多いようです。
仮に売却する不動産が居住用不動産のときには3,000万円特別控除が適用されるので、譲渡所得は最高3,000万円で非課税になります。
この控除を受ける要件は、売り主のマイホームであり譲渡先が配偶者や直系血族・同族会社ではない、前年や前々年などで使用していないなどの条件があります。

不動産売却に関する情報サイト
不動産売却の豆知識

不動産売却は意外と大きな税金がかかります。どのような種類のものがどれほどかかるのかをあらかじめシミュレーションし、どれだけの額が手元に残るのかを把握しておく必要があります。一方で税理士などの専門家に相談するのも敷居が高いため、初心者なりに大まかな基礎知識を把握しておくことをお勧めします。必要な経費は一般的に「印紙税」「譲渡所得税」「住民税」の3種類であり、この中でも求め方が複雑である「譲渡所得税」について、解説します。

Search